月別アーカイブ: 2017年11月

高分子と低分子の違い

Published / by 管理人

フコダイン絵フコイダンは、硫酸化フコースを多く含んだ高分子多糖類です。フコースとは、フコイダンのパワーの源である、硫酸基やウロン酸が結合した多糖類のこと。フコースなどの糖類が10個以上つながったものがフコイダンであり、10個以上の糖が脱水結合したできた糖類を指す多糖の定義も満たしています。フコイダンならではの特長といえるのが、分子量が500より上位にあたる高分子多糖類であること。ところが、最近、低分子化、ナノ化などと呼ばれる加工法によるフコイダン製品が出回り始めているのです。

低分子化、ナノ化された成分は、単純に吸収されやすいのがメリットと考えられています。フコイダンの場合も、分子量を500以下に超低分子化すれば、吸収力が高まるという考えから、低分子のフコイダン製品が出回るようになりました。本来、フコイダンの分子量は数万以上で高分子なのが特徴です。これを低分子にしてしまうと、糖としては2~3個しか結合せず、多糖類にも当たらなくなります。フコイダンと呼べるのかどうかも、疑わしくなってきます。

フコイダンの健康効果については、さまざまな結果が報告されています。これらは全て、高分子多糖類としてのフコイダンを用いての実験結果。低分子のフコイダンによる研究結果ではないことに、注目しておいたほうがよいでしょう。

フコイダンの種類

Published / by 管理人

フコイダンは、もずくや昆布といった、海藻の中でも褐藻類と呼ばれる種類に含まれる成分です。褐藻類に含まれる量はわずかながら、健康効果が高いことが期待され、各方面で研究が進んでいます。化学的に分類すれば、フコイダンはフコースを主成分とする高分子多糖類の一種。糖尿病やがんなど、さまざまな疾患に効果的だと研究によって証明されてきましたが、実はその種類によっても、構造や構成糖、含有物質に差があるのです。

モズクフコイダンの種類とは、メカブ由来、モズク由来、コンブ由来など。大まかにいえば、健康効果はほぼ同様の期待を持てるのですが、フコイダンの含有量の違いなどが種類別にあることを考えると、使い分けてみる価値があるでしょう。例えば、モズク由来のフコイダンは、成分含有量が高く、フコイダンの摂取に効率がよいのが特徴。メカブ由来のフコイダンには、フコースやガラクトースといった成分が多く含まれているのが特徴です。昆布由来のフコイダンは、ぬめりが強いのが特徴で、抗腫瘍効果が高いとされています。

健康食品として発売されているフコイダンの商品には、こうした種類別のフコイダンが絶妙に組み合わされて配合されており、各種の特長が相乗効果を出すように考えられています。

海藻に含まれる健康成分

Published / by 管理人

海藻といえば、日本人には昔からなじみ深い食材ですが、欧米では食べられることが少ない傾向があります。ところが、フコイダンを発見したのは、スウェーデンの大学教授。褐藻類に含まれている、ヌメリ成分として注目されたのです。フコイダンは、水溶性食物繊維の一種でもあります。化学的には硫酸化フコースを中心とする高分子多糖類に類別され、ガラクトースやマンノース、キシロース、ウロン酸なども含まれています。

昆布フコイダンが多く含まれているとされる海藻の種類は、昆布、ワカメ、メカブ、モズクなど。日本人にとっては、おなじみの食材です。中国最古の薬物書とされている、神農本草経にも、フコイダンと同じ褐藻類の一種とされる海藻が、腫瘍の治癒をするといった記述をしていると確認されています。日本でも、平安時代の書物である、本草和名に海藻類の薬効が記述されています。例えば、モズクがこぶや腫物を散ずるとされる記述は、フコイダンにも関係すると見てよいでしょう。婦人病を治すアラメ、13種の水腫を治す昆布には、黒焼きにすると口・舌・歯牙の病を治すといった記述もあり、日本でも古来から海藻類の薬効が認められていることがわかります。

現代の研究でも、フコイダンにはさまざまな生理機能が解明されています。抗がん作用・コレステロール低下作用・血圧低下作用・抗ウイルス作用など、現代人を悩ませている作用の改善に期待できます

フコイダンの健康的特徴

Published / by 管理人

海藻に含まれる成分であるフコイダンは、近年、健康成分として注目されています。各方面で研究が進んでおり、代替医療としても活用が始まっているフコイダンには、ますます期待が高まっています。ここでは、フコイダンの種類や成分など、フコイダンの基本的な健康作用について、紹介しましょう。

フコダインフコイダンを含む海藻類には、古くから薬理効果があるとされてきました。中国や日本の古い書物にも記されているほどで、特にフコイダンと同じ褐藻類の成分には、幅広い健康効果があるといわれてきました。現代では、さらに研究によってフコイダンの健康効果の解明が進み、現代病ともいえる問題に多様な作用をもたらしてくれることがわかっています。

昆布やモズク、メカブなど、フコイダンにも原料とされる海藻の種類による違いがあります。構造はもとより、成分の含有量も異なり、結果として健康効果にも違いが出てくるのです。市販のフコイダン健康食品の多くは、複数種類のフコイダンをミックスすることによって、相乗効果が狙われています。単体でのフコイダン製品もありますが、選択する際に気を付けてみるとよいでしょう。

フコイダンには、近年、低分子を謳う健康食品も出てきています。低分子であれば吸収されやすいだろうという考えから開発されていると考えられますが、本来は高分子の多糖類であることがフコイダンの証し。つまり、低分子のフコイダンが、フコイダンの健康効果を持っているかどうかは、明確にされていないのです。