フコイダンの健康的特徴

海藻に含まれる成分であるフコイダンは、近年、健康成分として注目されています。各方面で研究が進んでおり、代替医療としても活用が始まっているフコイダンには、ますます期待が高まっています。ここでは、フコイダンの種類や成分など、フコイダンの基本的な健康作用について、紹介しましょう。

フコダインフコイダンを含む海藻類には、古くから薬理効果があるとされてきました。中国や日本の古い書物にも記されているほどで、特にフコイダンと同じ褐藻類の成分には、幅広い健康効果があるといわれてきました。現代では、さらに研究によってフコイダンの健康効果の解明が進み、現代病ともいえる問題に多様な作用をもたらしてくれることがわかっています。

昆布やモズク、メカブなど、フコイダンにも原料とされる海藻の種類による違いがあります。構造はもとより、成分の含有量も異なり、結果として健康効果にも違いが出てくるのです。市販のフコイダン健康食品の多くは、複数種類のフコイダンをミックスすることによって、相乗効果が狙われています。単体でのフコイダン製品もありますが、選択する際に気を付けてみるとよいでしょう。

フコイダンには、近年、低分子を謳う健康食品も出てきています。低分子であれば吸収されやすいだろうという考えから開発されていると考えられますが、本来は高分子の多糖類であることがフコイダンの証し。つまり、低分子のフコイダンが、フコイダンの健康効果を持っているかどうかは、明確にされていないのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket