フコイダンの種類

フコイダンは、もずくや昆布といった、海藻の中でも褐藻類と呼ばれる種類に含まれる成分です。褐藻類に含まれる量はわずかながら、健康効果が高いことが期待され、各方面で研究が進んでいます。化学的に分類すれば、フコイダンはフコースを主成分とする高分子多糖類の一種。糖尿病やがんなど、さまざまな疾患に効果的だと研究によって証明されてきましたが、実はその種類によっても、構造や構成糖、含有物質に差があるのです。

モズクフコイダンの種類とは、メカブ由来、モズク由来、コンブ由来など。大まかにいえば、健康効果はほぼ同様の期待を持てるのですが、フコイダンの含有量の違いなどが種類別にあることを考えると、使い分けてみる価値があるでしょう。例えば、モズク由来のフコイダンは、成分含有量が高く、フコイダンの摂取に効率がよいのが特徴。メカブ由来のフコイダンには、フコースやガラクトースといった成分が多く含まれているのが特徴です。昆布由来のフコイダンは、ぬめりが強いのが特徴で、抗腫瘍効果が高いとされています。

健康食品として発売されているフコイダンの商品には、こうした種類別のフコイダンが絶妙に組み合わされて配合されており、各種の特長が相乗効果を出すように考えられています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket